--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Categorieスポンサー広告  - - TOP

2012’01.24・Tue

誰も僕を理解しようとしない

みなみなさま!ぐーてんたーく!!
昨日は東京でも雪が降りましたね!そして積もりましたね!
私は寒いながらも外に出てはしゃいでましたε=ε=└(┐ L´◉ω◉)┘

雪とはなぜこうテンションをあげるものなのでしょうか…
しかし雪は嬉しいという気持ちも、今の歳、住まいだからこそなのでしょうね。

ちなみに私の家周辺の雪は朝起きたら溶けてなくなってました



ではでは今日は!なんと!久々に動画やりました!


詞/曲**わか  マスタリング**内緒でお願いP  動画**旋花


今回は結構頑張りました!アニメはあってないようなものですすみません!
髪の毛を動かすのも一部編集ですませて楽してしまいました…(;;;;゚ё゚;;;)

とてもかっこいいGUMIの曲ですのでぜひご視聴ください!

いろいろな捕らえ方のできる歌詞だと思いますので、視聴者のみなさんがまた解釈してみてください^o^
(動画は私が自由に作らせていただいたものですので、わかさんがお考えしたものではありません)
制作についてや私個人の解釈については追記の方にまとめておきます!






いやはやなんと、クラスで11人のうち欠席でそのうち半分以上がインフルエンザということで、
絶賛学級閉鎖中であります!
不思議なこともあるものですね…
などといっている私も、一昨日までは風邪で高熱をだし寝てましたw

最近は空気も乾燥していますし、皆さん体には気をつけてくださいね!
私は寒さで凍りそうです!旋花ブルーが誕生しそうですε=ε=┌( ┐´◉ω◉ω◉`)┐


とりあえずそんな健康な人間には嬉しい休みを利用して
傷などがない持ち運び可能な通信機器を見に行ってきます。
5年間愛用した携帯とも近日お別れとなります今まで有難う君のことは忘れるまで忘れない
大きな画面に憧れだったので嬉しいです!




それでは今日はこの辺で失礼します!




+゚*。:゚+拍手返信+゚:。*゚+

◆mi---nさん
  ありがとうございます!
  東京テディベアではフリーソフトのNiVE(NicoVisualEffects)という、
  ニコニコ動画版AEを使っています。


ではつらつらと私なりの解釈を語らせていただきますね。

設定としては

場所 ⇒『誰か』の心の中
あの娘⇒優しい心やもとからあった自分の気持ち
僕  ⇒退廃した現実に染められていく心
赤い靴⇒『あの娘』と『僕』とのつながりの強さ(赤さが増すほど強い)

といった感じでした。
最後のGUMIはその『誰か』です、誰かはわかりません。


物語としては

歪んだ心であるところの『僕』が心を徐々に侵略していき
『あの娘』が死んでしまいます。
罪悪感と自分を生んだ現実に絶望し、心を彷徨う『僕』。
しかし彼は『あの娘』が忘れられず、これから生まれてくるかもしれない
『あの娘』と同じ役割の心は受け入れることはできない。
そこで『僕』は自分の中に『あの娘』を束縛しようと考えます。

そして『赤い靴』、『僕』と『あの娘』の「つながり」ができたわけです。
実は地味に動画が終わりに行くにつれ靴の赤みが増してたりします
靴自体あまり描いてないのでなんともですが!



白い背景の場面は『僕』の中でのことみたいな感じです
そこでつながりがピークに達し、『僕』が『あの娘』になってしまいます。
『僕』は『あの娘』を歪んだ心で醜くしてしまい果てしなく後悔します。

また、色つきの背景は現実世界に近いです
『誰か』の心の中は完全に歪んでしまった、ということでした。


ちなみに動画中にでてくる花は「ジシバリ」というもので
花言葉は「束縛」です!



こんなものでしょうかね
恐らくかなり趣味全開ですというかもうあかん…
でも設定の方は割かししっかり考えてました

現実でのことにしようか迷ったんですが
抽象的なものにしてしまいましたすみませ…!



本来ならば世界もりもりでPV等は作らない方が好ましいのかもしれませんが
勢いでやってしまいましたごめんなさい!
次からはもう少しシンプルにできるといいです_(:3」∠)_



ここまで読んでくださった方有難うございました!
そんなこんなで旋花でした!

Categorie動画告知  トラックバック(0) コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL

Next |TOPBack

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。