--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Categorieスポンサー広告  - - TOP

2016’09.03・Sat

透明エレジー

3年ぶりの自己解釈PV、投稿してまいりました!
題名ですが、幽霊屋敷の首吊り少女から略して【てがきPV】になるよう考えてましたが
普通に思い浮かばなくなったのでシンプルに戻しました(笑)



こちら、2013年のGUMI誕ショートPV集の透明エレジーのfullバージョンになります。
一部絵を差し替えたり演出変えたりしてみました!

制作期間ですが、着手しなかった時期も含め完成までに3年かかってしまいました…
本当は高校卒業と同時に投稿したかったんですけど間に合わず…
GUMIの誕生日に投稿しようと思いなおすも間に合わず…
でも時間がかかった分、私史上一番頑張りました!

何度か諦めようとしたのですがなんとか形になってよかったです。



元々GUMIの誕生日を祝うためのPVだったので、キャラクターはGUMIのままにしました。
片方の黄色は本家の子をお借りしたつもりです。(Lily感否めないですが…!)

なるべく一回見てわかるように解釈や演出をまとめるよう心掛けているのですが、
今回は細かい設定やわかりにくい部分が多くなってしまったので、
この先、つらつら説明を書いていきたいと思います。




簡単にまとめると、PV全体は、
親友の黄(明確な名前が無いので髪の色で呼びます)と喧嘩したまま、黄が事故死してしまい、
罪悪感や後悔から後追い自殺しようとした緑が見た走馬燈のようなものです。

二人の思い出の場所=校舎の屋上から飛び降り自殺を図ったので、
緑は靴を履いていません。屋上にそろえてあります。その描写入れればよかったですね;;
黄もそれに付随する形で靴履いてないです。片方だけ靴履いてるとバランス悪いので。
逆に靴履いてるところは現実にあった過去の記憶の中の2人になります。


そして緑の見る走馬燈は、二人の思い出の品、二人の絆を象徴するものが登場します。
主に交換ノートとスカーフですね。
喧嘩をしたことで交換ノートは緑の手に残り、黄との思い出と共にぐしゃぐしゃになっていきますが、
黄が緑を応援して貸したスカーフは緑を思いとどまらせる役目を果たしました。
実際に、緑が一度手放したスカーフを黄が掴む場面も入れています。絆は決して切れませんでした。



以降、PVの場面の流れに沿って解釈を詳しく解説していきます。
とても長くなりますが…よろしければお付き合いください。


 ...READ MORE?
スポンサーサイト

Categorie動画告知  トラックバック(0) コメント(0) TOP

 |TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。